人の感情を客観的に知りたい方におススメのコラム

自律神経のバランスを知ることの大切さ

思っていることや感じていることは自律神経活動に反映される

今思っていること、感じていることを共有したい。

自律神経活動は日常生活に於いて大いに関わっています。自分の意思とは無関係に働いて、自分が置かれている環境の変化にも対応してくれる神経です。知らず知らずのうちにアンバランスになっている時があるのです。それが自覚症状として「なんか最近からだがだるくて・・・。」とか「イライラして汗も掻くのよね。」と友達に打ち明けたりします。「自律神経のバランスが崩れて体調が悪くなる。」などとテレビやラジオなどメディアでも取り上げられます。「健康リテラシーのページ No.8」で紹介したスマホの影響にも関係しています。

以前私は脈拍,呼吸,体温,などの生命徴候(バイタルデータ)から、自律神経のバランスを評価する研究に関わっていました。医学,看護学,人間工学,生理学,スポーツ心理学などで、幅広く応用されていることを知りました。

先日勉強のために「日本麻酔学会」に行って来ました。麻酔薬は血圧や心臓から送り出される血液量などの循環動態に関係する、自律神経活動に影響を及ぼしているからです。

その際久しぶりに福井医大名誉教授でいらっしゃる後藤先生と再会しました。後藤先生とは2017年の生理心理学会で発表された時に、初めてお会いしました。人の生命力や健康状態を、先生自らが考案された「健康偏差値」や五角形バランス評価図で説明されていました。自分の意志を表現できない発達障害児や、高齢認知症の方々に「音楽トランポリン療法」を処方して、その効果を分かり易く評価するのです。

意志表現できない患者さんに対する思いやりの試みを、その時もうひとつ思い出しました。確か山形県の看護師の先生が手掛けた研究です。無動,無言状態の患者さんの自律神経活動を知ることで、緊張しているのか?リラックスして穏やかな状態なのか?を推察する研究です。もちろん病魔に侵されている患者さんご自身が一番苦しいです。看病されているご家族の方々も、患者さんが今何を思っているのか?少しでも喜んでくれているのだろうか?と心配する毎日だと思います。自律神経活動を評価することが、その辛い気持ちを、少しでも和らげる切っ掛けになってくれれば励みになりますね!

代表取締役のプロフィール

健康わくわくサイト管理者の岡本です

資格・認定

★ 1986年 中学校教諭免許(理科)取得
  第18382号
★ 同年 高等学校教諭免許(理科)取得
  第19458号
★ 2015年 MDIC認定取得
  第MDIC020281号

★ 2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得
  No.E0100390
★ 2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
  第4502291800001号

★ 同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
★ 2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
★ 同年認知症サポーター養成講座受講
★ 2020年松本地域健康産業推進協議会参加企業
 認定取得

★ 2020年2月「健康マスター・エキスパート」及び
   「健康マスター普及認定講師」資格更新認定

★ 2021年1月【スポーツエールカンパニー
  2021】認定番号;2021371 取得

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

【健康わくわくサイト】
健康リテラシーに貢献します!
株式会社SOilyは
医療機器情報コミニュケ―タ
スタッフで運営されています
株式会社SOilyは
スマート・ライフ・ プロジェクト
に参画しています
株式会社SOilyはスポーツ庁   Sport in Projectに賛同します。

株式会社SOilyはスポーツエールカンパニー2021に認定されました。

株式会社SOilyは
西東京市健康応援団に加入しました!
≪健康おススメ情報≫ が投稿したダイジェスト記事はこちらから。
新しい生活習慣に対応できる、情報共有アプリをご提案します。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。 お気軽にご連絡ください。
     
※ 回答にお時間を頂く場合がありますのでご了承ください。