よくあるご質問

みなさんこんにちは。「よくあるご質問」のページでは 健康博物館 SOily【本館】【新館】 で紹介しているさまざまな展示物についてのご質問にお答えします。どうぞ参考にしてください。

CPResQについて教えて下さい

【注】下記コンテンツは日本ライフライン株式会社の許可を得て公開しています。

CPResQ(シーピーレスキュー)って何ですか?

心停止した傷病者に対し、心肺蘇生のための胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行う際にサポートする救命アイテムです

 

医療承認番号;30100BZX00135000

生活習慣病(持病)の患者はもちろんの事、健康な方も含めて心臓の急変には気を付けたいですね。

心臓の停止は命に直結した重大な病状で、いつどこで起こるか分かりません。

CPResQは心停止と判断される患者に胸骨圧迫を行う際に用いる医療機器です。

 

CPResQはどんな時に使うのですか?

心肺蘇生のために胸骨圧迫の際に用います

救命救急の現場における心肺蘇生の手順として、意識があるのか?呼吸しているのか?を確認したり、AED(自動体外式除細動器)を装着して電気ショックを与えたりします。状況によっては人工呼吸を繰り返します。
そして胸骨圧迫(心臓マッサージ)も一次救命処置のアルゴリズムに組み込まれています。
                                               【参考】日本赤十字社 Webサイト

 

JRC (*1) 蘇生ガイドライン2015 (*2) から、心肺蘇生中の胸骨圧迫はさらに重要視されています。

傷病者に対しての一次救命処置(BLS)では心肺蘇生中のより質の高い胸骨圧迫が求められています。

しかし内閣府の世論調査(*3)によると、約半数以上が胸骨圧迫や人工呼吸、AEDを使った応急手当ができない、
たぶんできないと回答しています。

CPResQはJRC 蘇生ガイドライン2015に対応した、適切な胸骨圧迫をサポートしてくれる支援デバイスです。

(*1) 日本蘇生協議会(Japan Resuscitation Council)
(*2) 国際蘇生連絡協議会による2015 Consensus on Science with Treament Recommendations (CoSTR) に基づいて作成された
     救急蘇生のためのガイドライン

(*3)    平成29年度救急に関する世論調査「応急手当の普及推進について」

どのようにサポートしてくれるのですか?

一定のテンポ音,音声ガイダンス,LEDインジケータ―で適切な胸骨圧迫をガイドします

胸部と手のひらの間にCPResQを置いて胸骨圧迫を行います。

テンポ

★ 胸骨圧迫のタイミング(間の取り方)をテンポ音と表示ランプでお知らせします。
 【110bpmの胸骨圧迫をガイドします】

★ テンポが適切であれば表示ランプが青色に点灯します。不適切ならばオレンジ色でお知らせ
 します。

深度

 1cm以上の胸骨圧迫の深度がLEDインジケータで表示されます。

★ 16個の深度表示ランプが半円状に並んでおり、適切な胸骨圧迫深度(5~6cm)に
  達しているかが分かります。

★ 適切な深度は白色で、不適切であればオレンジ色でお知らせします。

音声案内

CPResQは使用中に音声案内してくれます。
※ 本体内部の音声切り替えスイッチで日本語英語に切り換えることが可能です。

【音声案内(一部)】

  • AEDの指示に従い胸骨圧迫を開始して下さい。
    Start chest compression according to the AED's guidance.
  • 点滅に合わせて押して下さい。
    Push chest according to the blinking light.
  • 強く押して下さい。
    Push hard.
  • ゆっくり押して下さい。
    Push slow.
  • 元の位置までしっかりと戻して下さい。
    Back to the original position.
  • 終了します。
    End session.
LEDインジケータ表示パネル

使い方を教えて下さい

胸部に置いてCPResQの指示に従って胸骨圧迫を開始して下さい

ここでは使用方法の概要をお知らせします。

特徴や使用方法を解説した動画もご覧下さい。

CPResQ本体を置く位置がイラストで表示されています

① CPResQ本体を胸部に置く
➁ 本体の上に手のひらを置く
➂ CPResQの指示に従い、
胸骨圧迫を開始する

音声ガイドとインジケーターを参考にしながら胸骨圧迫を続けて下さい

手動式心臓ポンプ ≪CPResQ≫ の特徴・使用方法 
モード選択

モード切り替えスイッチを押す度に、【CPRサポートモード】と【マニュアルモード】が切り替わります。

  • CPRサポートモード
    胸骨圧迫のテンポ音あり。テンポ表示ランプの点滅あり
  • マニュアルモード
    胸骨圧迫のテンポ音なし。テンポ表示ランプの常時点灯

使用中のデータは保存できるのですか?

CPResQの本体にメモリーされます

CPResQ本体には1件最大2時間 × 200件のデータが保存可能です。

【保存内容】

  1. 各種動作イベント記録
  2. 計測データ
  3. 胸骨圧迫深度・テンポ

さらに付属品の同梱ソフトウエア【View-CPResQ】で心肺蘇生法(※CPR)の質を評価できます。(※CPR;Cardio Pulmonary Resusciation)

解析ソフトウエアについて教えてください

View-CPResQというソフトウエアです

CPResQ本体に保存されているデータをお使いのパソコンに転送することで、解析ソフトウエア View-CPResQで評価できます。

胸骨圧迫の質の向上にお役立て下さい。

☆ ソフトウエアの詳しい内容については弊社までお問い合わせ下さい。

商 品 構 成

使用上の注意事項はありますか?

各項目をご確認下さい

本製品は日本ライフライン株式会社が主催または共催する講習を受講していない方は使用できません。

※ 講習会を受講すれば、医療従事者の他に一般の方もご使用になれます。

8歳未満または25kg未満の小児にはご使用できません。

必ず2年に1回及びご使用後は、電池交換して下さい。
(アルカリ電池プレミアムタイプ 単4×2本)

本品に付属されている専用ポーチに入れて保管して下さい。

本品を安全にご使用いただくために、日常点検及び年1回の定期保守点検を実施して下さい。具体的な点検項目は商品に同梱の取り扱い説明書をご参照下さい。

この製品の問い合わせ先は?

株式会社SOilyが承ります

「健康わくわくサイト」を運営している『株式会社SOily』が各種ご相談を承ります。

サイドメニュー

代表取締役のプロフィール

健康わくわくサイト管理者の岡本です。

資格・認定

★ 1986年 中学校教諭免許(理科)取得
  第18382号
★ 同年 高等学校教諭免許(理科)取得
  第19458号
★ 2015年 MDIC認定取得
  第MDIC020281号

★ 2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得
  No.E0100390
★ 2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
  第4502291800001号

★ 同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
★ 2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
★ 同年認知症サポーター養成講座受講
★ 2020年松本地域健康産業推進協議会参加企業
 認定取得

★ 2020年2月「健康マスター・エキスパート」及び
   「健康マスター普及認定講師」資格更新認定

★ 2021年1月【スポーツエールカンパニー
  2021】認定番号;2021371 取得

★ 2021年12月1日【令和3年度東京都スポーツ
  推進企業】に認定  一覧表番号;164

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

【健康わくわくサイト】
健康リテラシーに貢献します!
株式会社SOilyは
医療機器情報コミニュケ―タ
スタッフで運営されています
株式会社SOilyは
スマート・ライフ・ プロジェクト
に参画しています
株式会社SOilyはスポーツ庁   Sport in Projectに賛同します。

株式会社SOilyはスポーツエールカンパニー2021に認定されました。

株式会社SOilyは令和3年度東京都スポーツ推進企業に認定されました。
株式会社SOilyは令和3年度東京都スポーツ推進企業に認定されました。
株式会社SOilyは西東京市健康応援団に加入しました!
≪健康おススメ情報≫ が投稿したダイジェスト記事はこちらから。
新しい生活習慣に対応できる、情報共有アプリをご提案します。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。 お気軽にご連絡ください。
     
※ 回答にお時間を頂く場合がありますのでご了承ください。