人生100年時代の生活習慣を考える

健康わくわくサイト

こどもに睡眠の大切さを教えたいママさんにおススメのコラム

育ち盛りのこどもに大切な睡眠

「ホルモンの分泌促進」と「神経細胞の剪定」の2つの効果

睡眠によって剪定された樹状突起で                      ネットワークが構築される

今まで健康おススメ情報の「休養」コラムでは、ビジネスシーンで活躍されている方々を思いながら、睡眠の大切さをお知らせしてきました。今回は子どもに与える2つの睡眠効果についてお伝えしようと思います。

先ず一つ目。子どもは大人になるために、日々成長しています。みなさんも良く知っている「成長ホルモン」。このホルモンの働きは骨や筋肉の成長だけでなく、生きていくために必要なエネルギーを作り出す新陳代謝に欠かせません。肉体的に成長が止まってしまった大人も、このホルモンが必要なのです。ましてや肉体的に育ち盛りの子どもはより重要です。むかし、「成長ホルモンは睡眠中にたくさん分泌されるんだって。だから寝る子は育つって言われるんだよ。昔の人はちゃんと分かっていたんだね。」と親戚のおばちゃんから聞いたことがあります。

次に2つ目。人のからだの中に張り巡らされている、所謂「神経」とは、神経細胞がたくさん集まって構成されています。神経細胞は「細胞体」「軸索」「樹状突起」の3つの部分で構成されています。その内、樹状突起は周りの神経細胞に情報を伝えて行く電線みたいな働きをします。電車の路線図で言えば、新宿駅を出発点として延びている、山手線,中央線,埼京線,京王線,小田急線,丸の内線,都営新宿線,都営大江戸線をイメージすると分かり易いと思います。既に情報番組で「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」が取り上げられています。前者は体が、後者は体も頭も眠っている時間です。みなさんもよくご存知ですね。私はこの2種類の眠りを知った頃は、「だったら、ず~っとノンレム睡眠を取っているのが一番良いんだなぁ。」と思っていました。しかし、これらは規則的に繰り返されるのが、健全な睡眠サイクルなのだそうです。また、レム睡眠も重要な時間を受け持っているらしいですよ。細胞同志の情報伝達を担う「樹状突起」は学習した時に延びるのですが、それがレム睡眠の時に『剪定』されるのです。

剪定とは、木々の枝を切り落として樹木そのものを強く丈夫にしたり、美しい姿にするための作業です。調べてみたら剪定にも「弱剪定」と「強剪定」がある。前者は夏~秋に掛けて行われ、樹木の姿や多くの花や実を付けさせるために行われるものです。後者は冬~春に、見栄えを良くするだけでなく、幹や根本に日光を届かせたり風通しを良くして生育を促すために行われます。なので、樹状突起の剪定って、強剪定のようにしっかりした神経のネットワーク作りには効果的なのでしょう。

これだけ大切な睡眠。生活のリズムが乱れがちな現代社会では、体内時計が乱れてねむりに入ることが難しい場合があります。体内時計は脳の視交叉上核という部位にあって、そのズレをリセットさせるためには、太陽の光を浴びることが効果的です(出典;健検テキスト第1刷)。実際私の息子がまだ小さかった頃、住まいのベランダでよく日光浴させて上げたっけ。家の近くには井の頭公園があったので、週末になると家族で出掛けては、日の光をいっぱい浴びたのをつい昨日のように思い出します。ちなみに太陽の光(紫外線)は骨の元となるカルシウムの吸収を促すビタミンDの合成にも必要なのですよ。

参考;2018年6月21日 読売新聞「良質な睡眠が支える子どもの成長」

代表のプロフィール

岡本代表

資格・認定

☆1986年 中学校教諭免許(理科)取得
              第18382号
☆同年 高等学校教諭免許(理科)取得
              第19458号
☆2015年 MDIC認定取得
          第MDIC020281号
☆2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得

                                      No.E0100390
☆2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
                第4502291800001号
☆同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
☆2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
☆同年認知症サポーター養成講座受講

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。          お気軽にご連絡ください。
     
※回答にお時間を頂く場合があります