人生100年時代に役立つ情報満載!

健康わくわくサイト

育児中のママさんや、ご高齢の方もいらっしゃるご家族におススメのコラム

食べ物を飲み込んでくれたことが分かれば安心です

「ゴックン」と飲み込んだ音

たくさんミルクを飲んでくれると安心します
みんなが揃っての食事は格別です

初めて赤ちゃんを育てる新米パパやママは、定期的に与えるミルクを、赤ちゃんがどれだけ飲んでくれたか?結構気になるものです。何時間おきにどのくらいの量を飲ませるか?心配ですよね。

我々夫婦も数十年前に経験しましたが、母乳と粉ミルクの両方を飲ませていた時期がありました。今月液体ミルクの販売が開始されましたが、哺乳ビンを使う飲み方ならば、赤ちゃんがどれ位飲んだかが簡単に分かります。しかし乳房から直接飲ませる母乳だと分かり難いですね。

私たち夫婦が新米パパママだった時代は、担当の保健師の方から「はじめの内だけでも母乳を飲ませて上げて下さいね。」と指導されました。母乳の良さはタンパク質,糖質,脂質の3大栄養素などがバランス良く含まれているのは勿論のこと、免疫力をアップさせる成分が含まれていることです。母親は赤ちゃんが乳首をくわえて母乳を飲ませた瞬間に、母性本能のスイッチが入るそうです。「オキシトシン」というホルモンが分泌され始めるとか・・・。以前聴講した講演会で、有名な栄養学校の校長先生が仰っていました。

話しの対象を替えますが、高齢者の方で心配なのが誤嚥性肺炎です。そこで高齢者の飲み込む機能が劣っているかを判断する技術が研究させています。この技術を応用して、高齢者の日常生活の行動をモニタリングすることで、身体的異常を早期発見することに繋げたい。食べ物を口に入れてモグモグすること(咀嚼),食べ物をゴックンと飲み込むこと(嚥下),話すこと(会話)の区別を研究しています。(イノベーションフォーラム2018 静岡大学大学院総合科学技術研究科)

このように母乳を飲んだ量や、高齢者の身体的変化のきざしが嚥下音から手軽に知ることが出来れば安心ですね。

代表のプロフィール

岡本代表

資格・認定

☆1986年 中学校教諭免許(理科)取得
              第18382号
☆同年 高等学校教諭免許(理科)取得
              第19458号
☆2015年 MDIC認定取得
          第MDIC020281号
☆2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得

                                      No.E0100390
☆2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
                第4502291800001号
☆同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
☆2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。          お気軽にご連絡ください。
     
※回答にお時間を頂く場合があります