人生100年時代の生活習慣を考える

健康わくわくサイト

接客業の傍ら部下へ指示を出す、管理職の方におススメのコラム

スメハラには気を付けましょう

口臭を防ぐために大切なこと

口臭予防には歯みがきが一番効果的で手っ取り早いです。朝,昼,晩と食後に歯を磨く方も多いと思います。私がこどもだった頃の歯磨き剤は、予め水で湿らせた歯ブラシに粉末を付けるものでした。今もそのタイプがあるのかな?と思いまして、家の近くのドラッグストアを覗いてみましたが、やはりありませんでした。きっと衛生上の問題もあって販売停止になったんでしょうね。今はフッ素の入ったチューブタイプの歯磨き剤が主流ですね。フッ化物による再石灰化によってむし歯の進行を防ぐものです。そこで気を付けなければならないのは、歯磨き後に口をすすぐ回数を2回までに止めるということです。せっかく歯にフッ化物を塗布した効果に期待したいのに、しっかり洗い流してしまうからです。実は私は最近まで、少なくとも4~5回すすいでいました。歯磨き剤の清涼感が気になっていたからです。すすぎ過ぎを知ってから回数を減らしてみたら、結構スムーズに受け入れることができました。(※1)

アルコールを控えることは口臭予防に繋がるのでしょうか?アルコールそのものが口臭の原因ではないようです。「歯周病と口臭は深い関係がある」のコラムでお知らせしたように、口臭の原因は歯周病菌(嫌気性菌)が口の中で繁殖して、硫化水素やメチルメルカプタンという臭気ガスを発生させるためです。(※1)確かに私も深酒した翌日、「昨日の夜、結構酒飲んだだろう!?」と周りの人に言われたものです。お酒を飲む前の歯磨きは、ワインなどの酸性飲料による酸蝕症を予防に期待できます。しかし歯磨き剤の味が残ることでお酒の旨さを邪魔してしまうかも知れません。そんな時はお酒を飲む1時間くらい前に歯磨きするのは如何でしょうか?

口腔内の健康を妨げ、むし歯~口臭にも繋がる原因に「ドライマウス」があります。口の中が乾燥することは唾液が少なくなることです。唾液には、①酵素(アミラーゼ)によって消化を助けてくれる ②食べカスを洗い流してくれる ③食物によって酸性に傾いた口の中を中性に戻してくれる ➃歯から溶け出したカルシウムやリン酸を戻して再石灰化を促してくれる といった効果があります(※2)。ドライマウスになると口の中に雑菌が増殖して口臭が発生する。口呼吸すると口の中が乾燥しますよね。できるだけ鼻呼吸を心掛けることも必要です。又、最近私も実感することに、夜眠っていて口が渇いて目覚めることです。今月4日に参加した「第24回口腔保健シンポジウム」では、唾液腺(耳下腺,顎下腺,舌下腺)をマッサージして唾液の分泌を促すコツを教わりました。実演の様子をスクリーンに映して、歯科衛生士の方が分かり易く解説してくれました。

ビジネスに結び付けようとしている商談や、社内会議での議論の最中。漂ってくる口臭でせっかくの場を台無しにしたくないですよね。口臭によるスメハラまで発展しないように気を付けたい。

意志の伝達方法で一番大切な「会話」。思うように会話ができなければ、より良い人間関係を築くことはできないはずです。

     出典;(※1)葉石かおり著 お酒好きが教える最高の飲み方 (※2)健検テキスト増補改訂版 歯の二大疾患

代表のプロフィール

岡本代表

資格・認定

☆1986年 中学校教諭免許(理科)取得
              第18382号
☆同年 高等学校教諭免許(理科)取得
              第19458号
☆2015年 MDIC認定取得
          第MDIC020281号
☆2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得

                                      No.E0100390
☆2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
                第4502291800001号
☆同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
☆2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
☆同年認知症サポーター養成講座受講

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。          お気軽にご連絡ください。
     
※回答にお時間を頂く場合があります