人生100年時代の生活習慣を考える

健康わくわくサイト

場所を取らないリラックス法をお探しの方におススメのコラム

生まれて初めてのヨガ体験

さぁ入場開始です
みなさん思い思いの場所に          ヨガマットを敷きます
天に向かって合掌

ナイトヨガに参加してきました

今月は厚生労働省が定めた「健康増進普及月間」です。

有酸素運動はウォーキングやジョギングだけではなく、サイクリングもその仲間に入ることをお知らせしました。生活習慣病の予防に欠かせない運動不足の解消は、① 有酸素運動 ② レジスタンス運動 ③ 柔軟運動が有効な方法です。

その三大運動を組み合わせると、それぞれのメリットを効率よく得ることができます。代表的な複合トレーニングに「ヨガ」や「太極拳」があります。

先日私が入会している「スマート・ライフ・プロジェクト」が企画したイベントに参加して来ました。それは『神宮球場ナイトヨガ』です。実は今回私にとって、インストラクターの指導による初めてのヨガ体験でした。

ヨガって「呼吸法」が基本なんですね。は息を吐いて(呼気)吸うこと(吸気)。吸気は交感神経(興奮している時などに活発になる自律神経のひとつ)が、呼気は副交感神経(リラックスしている時に刺激される、もうひとつの自律神経)が優位になります。およそ1:2の比率の「深い呼吸」を実践するとリラックスできるのです。(出典;小林弘幸著 なぜ「これ」は健康にいいのか?)

広い球場のど真ん中でのヨガ。「ネコのポーズ」「太陽礼拝のポーズ」「バッタのポーズ」「Vのポーズ」と、日常生活で取ったことがない体勢で、いろいろな部位を伸ばしました。それぞれのポーズを決める時、必ずゆっくりとした深い呼吸をすることを指導してくれました。最後の「無空のポーズ」においては、心地良い夜風が頬を撫でながら通り過ぎて行くのを感じながら、天空を仰ぐことができました。都会のド真ん中ではなかなか味わえないリラックス感でした。

確かに気持ちの良いひとときを過ごせて感謝感謝でしたが、ひとつ気を付けた方がよいと思ったことがあります。インストラクターのガイドにしっかり従わなくても良い。あくまで自分のペースに従うということです。私のような初心者は特に大切なことだと実感しました。今回のような規模の大きなイベントヨガだと、自分を見失ってしまいがちですよね。

「ヨガ」ではなく「ケガ」は体験したくないですよね。

最後に、今回のコラムを何故「喫煙」のカテゴリーに入れたと思われますか?それは、有酸素運動やストレッチ体操を行う場所に、たばこのにおいがいかに場違いなのか痛感したからです。

代表のプロフィール

岡本代表

資格・認定

☆1986年 中学校教諭免許(理科)取得
              第18382号
☆同年 高等学校教諭免許(理科)取得
              第19458号
☆2015年 MDIC認定取得
          第MDIC020281号
☆2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得

                                      No.E0100390
☆2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
                第4502291800001号
☆同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
☆2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
☆同年認知症サポーター養成講座受講

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。          お気軽にご連絡ください。
     
※回答にお時間を頂く場合があります