人生100年時代の生活習慣を考える

健康わくわくサイト

お酒は決して悪いものではないと言いたい、親父さん達におススメのコラム

生活習慣病とお酒

酒は百薬の長でありたい

お酒と生活習慣病は関係があります。
アルコール依存は以ての外!

単純に言って、お酒の飲み過ぎはからだに「毒」です。だから肝臓が一生懸命になって解毒しようと働いています。

アメリカ・カリフォルニア大学のブレスロー教授が、寿命と関係する健康習慣を発見しました。

  1. たばこを吸わない
  2. 定期的に運動する
  3. 1日7~8時間の睡眠をとる
  4. 適正な体重の維持
  5. 朝食を摂る
  6. 間食をしない

これらの項目は今から50年くらい前に発表されました。現在推奨される睡眠時間については若干異なっているようです。しかし生活習慣を改善するために注意するべき点が、みごとに並んでいます。更にこの6つの項目に、7.自分に合った酒量を守るか、もしくは飲まないも入っています。 (参考;健検テキスト 第一刷)

「酒は百薬の長」と言われますが、これはあくまで、「お酒を飲む頻度」「お酒の種類」「摂取する量」などによって、からだに良いのか?悪いのか?が分かれる。

国立がん研究センターの「多目的コホート研究」いう、長期的かつ大規模調査が基礎となった疫学研究で、適量を超えた飲み過ぎにより、主な生活習慣病『がん』に対するリスクが高くなる結果が報告されました。

今回は、お酒(エチルアルコール)の飲み過ぎがなぜからだに悪いのか?生活習慣病との関わりについて、簡単におさらいしてみましょう。

先ず通常「アルコール」というと「メチルアルコール(メタノール)」と「エチルアルコール(エタノール)」に大別されます。前者は燃料用、後者は飲料用です。勿論今回取り上げるアルコールは後者です。エタノールは日本名で「酒精」と言われます。注射の前に皮膚を消毒する綿に染み込ませて使うこともあります。

みなさんもよく知っている通り、肝臓でエタノール ⇒アセトアルデヒド ⇒ 酢酸に分解されます。有害作用のあるアセトアルデヒドが無害な酢酸に変わっていきます。そして最終的に水と二酸化炭素になりますが、その役目は各細胞にあるミトコンドリアが担っています。ミトコンドリアの役割は「健康リテラシー No.9」でも紹介していますのでご一読下さい。

さて過度の飲酒で摂取されたエタノールを分解するために、肝臓に負担を掛けているのですが、上記のコホート研究では、たまにしか飲まない人を1とした場合、1日あたり日本酒で1~2合飲む人は、がん全体で1.6倍のリスクを背負うことになります。部位別では特に食道がん4.6倍,大腸がん2.1倍,乳がん1.8倍です。「口腔」「咽頭」「喉頭」の『がん』のリスクも高くなるとされています。

では「糖尿病」はどうでしょうか?飲酒が週1日未満の人のリスクを1とした場合、1合以上(週に150g超)になると1.75倍になります。(参考;Waki.K.et al.Diabet Med.;2005.22:323-331)

飲酒自体からだに良くないんじゃあないかな?と思ってしまいますね。しかし、こんな記憶があります。それは私が小学生だった頃、1995年まで世界最高齢だった『泉重千代さん』という方がいらっしゃいました。このおじいさん、満120歳になって「大還暦」を迎えた方です。記者のインタビューに対して「毎日の晩酌が楽しみ。」というコメントを聞きました。そうなると長生きという観点から、このおじいちゃんの飲むお酒の種類や量が、からだに合っていたのかも知れません(参考;健検テキスト 第一刷,葉石かおり著 最高の飲み方)「酒は百薬の長」と言われますが、これはあくまで、「お酒を飲む頻度」「お酒の種類」「摂取する量」などによって、からだに良いのか?悪いのか?が分かれるのでしょう

開業の際、Soul-Mateから頂いた祝樽

代表のプロフィール

岡本代表

資格・認定

☆1986年 中学校教諭免許(理科)取得
              第18382号
☆同年 高等学校教諭免許(理科)取得
              第19458号
☆2015年 MDIC認定取得
          第MDIC020281号
☆2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得

                                      No.E0100390
☆2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
                第4502291800001号
☆同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
☆2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
☆同年認知症サポーター養成講座受講

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。          お気軽にご連絡ください。
     
※回答にお時間を頂く場合があります