こどもの頃自分の世話ができずに、引け目を感じた中高年におススメのコラム

専門職が地道に活躍する場所

作業療法士も活躍するリハビリテーション室
学童保育でも専門的アドバイスが必要

作業療法士という強い味方

現代の医療現場では、各専門職の方々が業務分担して患者さんを助けています。            「予防医療におけるリハビリテーションの重要性」では、理学療法士の関わりについてお話ししました。

理学療法士に似た職種に作業療法士があります。                          そもそも作業療法士(Occupational Therapist)はどのような職種なのでしょうか?                 作業療法士は身の周りのことなど、日常生活に於けるすべての生活行為を実行可能にするために、その能力を維持し改善する専門職です。分かり易くいえば、朝起きて着替える,歯を磨いたり洗顔する,食事を取る,トイレに行って用を足す,部屋の掃除をする,洗濯物を干す,入浴するなど、日常生活での数々の「作業」がこなせるように、医学的な知識を持って指導してくれるスペシャリストです。

私は作業療法士の活躍する場面は?と尋ねられたら、病院にあるリハビリテーション室を思い浮かべます。最近は在宅リハビリテーションで、患者様のご自宅に足を運んでいらっしゃる先生もいます。

児童生徒の運動能力について、今と昔の比較がニュースになります。その内、ぞうきん絞りができなかったり、新聞を束ねて縛るなど、ひと昔なら普通にできると思われていたことができない子どもが、よく目に付くようになったという。何かしらのアレルギーを持っている子どもが増えたように・・・。        全体的な能力低下は将来への不安材料です。学校生活に於いても支援のためには現状把握が第一歩です。 先ず学校生活の中で一番子どもと接している、教員の観察から得られる情報はたいへん貴重です。それを基に、原因~指導方法を導き出すと思うのですが、学校現場の教員に課せられた業務は、他にもたくさんあります。小学生時代にクラス担任だった私の恩師の自叙伝にも、その過酷さが伺える記述があります。どう指導すれば出来ないことが出来るようになるのか?問題を軽減~解決するための原因が複雑化している現代社会では、観察する視点や感覚に限界があるために、専門的視点からサポートしなければならない「作業」もあるはずです。

例えば「片付けができない。」「どうしてできない?」という場合、様々な要因が考えられますよね。  元々落ち着きがなかったり衝動的な行動が多くて、ものごとに集中できない。そのような子どもが対象の指導では、臨床心理士やスクールカウンセラーなどの範疇になるかも知れません。それとは別に、身体的な専門知識を兼ね備えた支援が必要ならば、作業療法士が強い味方になってくれるでしょう。 

現時点では作業療法士として学校に就職できる制度はありません。しかし授業終了後の学童保育で作業療法士の巡回支援を行っている自治体があります。岡山県では指導員への専門的アドバイスを行うために作業療法士が派遣されています。

この健康わくわくサイトが掲げる「生活習慣病の予防」についての情報は、主に中高年層を対象とした内容になっています。糖尿病などの悪化を防ぐ為に作業療法士のサポートも必要です。厚労省が掲げる「地域包括ケアシステムの実現」を目標に、医療従事者が在宅支援に取り組んでいます。その支援対象を高齢者だけでなく、こども達にも広がれば、老いも若きもいきいきわくわくするコミュニティができるのではないでしょうか。                                                                                    参考;H31年2月23日 読売新聞 教育ルネサンス 変わる放課後5

代表取締役のプロフィール

岡本代表

資格・認定

☆1986年 中学校教諭免許(理科)取得
              第18382号
☆同年 高等学校教諭免許(理科)取得
              第19458号
☆2015年 MDIC認定取得
          第MDIC020281号
☆2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得

                                      No.E0100390
☆2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
                第4502291800001号
☆同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
☆2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
☆同年認知症サポーター養成講座受講
☆2020年松本地域健康産業推進協議会参加企業に認定
☆2020年2月「健康マスター・エキスパート」及び「健康マスター普及認定講師」資格更新認定

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

【健康わくわくサイト】
健康リテラシーに貢献します!
株式会社SOilyは           医療機器情報コミニュケ―タを取得したスタッフで運営されています
株式会社SOilyは                       スマート・ライフ・ プロジェクト                          に参画しています
株式会社SOilyはスポーツ庁の   Sport in Projectに賛同しています
≪健康おススメ情報≫ が投稿した   ダイジェスト記事はこちらから
新しい生活習慣に対応できる、  情報共有アプリを提案しています。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。            お気軽にご連絡ください。
     
※回答にお時間を頂く場合があります