人生100年時代の生活習慣を考える

健康わくわくサイト

通勤時間ギリギリまで寝床にいる、働き世代を家族に持つ中高年におススメのコラム

朝食の欠食と血圧の関係

落ち着いて一日をスタートする

平成29年国民健康・栄養調査 朝食の欠食率の年次推移(20 歳以上、性・年齢階級別)(平成19~29 年)を参考に改変

食生活の改善策として塩分控えめ,バランスの取れたメニュー等々いわれていますが、今回は朝食の欠食についてお話ししたいと思います。

朝食の様子は今と昔ですっかり変わりしました。朝ごはんとか献立というより、「朝食」「メニュー」といった方が今風です。いずれにしろ、一日の始まりのエネルギー源を取りたいものです。         しかし平成29年国民健康・栄養調査によると、朝食を抜く(欠食する)人の割合は男性15.0%,女性10.2%です。上のグラフは同調査結果を基に、20歳~50歳未満のバリバリの現役世代と、50歳~70歳以上の中高年層の欠食率の平均を表したものですが、過去10年間男女ともに働き盛りが高いことが分かります。

朝食を抜くことで空腹になる。それがストレスとなって血圧が上がってしまい、思わぬ疾患に陥る危険性も高くなると考えられるようになりました。(出典;健検公式テキスト 増補改訂版)

血圧が上昇する原因には、自分が置かれた場所や場面だけでなく、時期もあるようです。        血圧計に代表される、ある医療機器メーカーが実施したアンケート結果です。                ・仕事でストレスを感じると答えた働き盛りの世代は80%を超えている。               ・週明けの月曜日は一段と強く感じる。                              ・週単位の他に年単位での結果では、年末や年度末、年度始めの時期にストレスを感じる。                                    (参考;2019年4月5日 読売新聞 12版)この4月は人事異動による配置換えや、全体会議での新規業務計画、プロジェクトの任務報告などのプレゼンテーションとか、精神的プレッシャーの掛かり具合が容易に推察できる時期です。仕事をしていれば、どうしても種々の原因によってストレスが圧し掛かってきます。                    これらが血圧が上昇する要因です。これを「職場高血圧」というそうです。

仮面高血圧(家庭で測ると血圧が高い)と職場高血圧は医療機関では捉えることは難しいのです。    ちなみに日本高血圧学会は、高血圧の治療で目標とする値を上130、下80未満にする。但し、75歳以上は上140、下90未満と発表しました。 (参考;2019年4月20日 読売新聞 14版社会)

ご自宅を出る前から血圧が上がる原因を増やしたくない!

私の記憶に残っている朝ごはんの様子。                              ふっくらと炊き上がったごはん。下ろしたてのかつお節で「だし」を取った味噌汁。小さな丸干しがそのままお椀に入っていた時もありました。それに焼き鮭、焼きのり、納豆、たまごが定番でした。そしてご近所から食卓の音が聞こえてきそうな、ほのぼのとした雰囲気が漂って来る、そんな「朝ごはん」から一日をスタートしませんか?               

代表のプロフィール

岡本代表

資格・認定

☆1986年 中学校教諭免許(理科)取得
              第18382号
☆同年 高等学校教諭免許(理科)取得
              第19458号
☆2015年 MDIC認定取得
          第MDIC020281号
☆2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得

                                      No.E0100390
☆2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
                第4502291800001号
☆同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
☆2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
☆同年認知症サポーター養成講座受講

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。          お気軽にご連絡ください。
     
※回答にお時間を頂く場合があります