元々の旨味を知っている中高年にご協力頂きたいコラム

食材が持つ天然の味

離乳食から慣れ親しむ

我が家はすり潰した食材だけの離乳食でした。    味付けは素材の持つ味だけ。
ゆで汁をスープとして飲ませていました。

私事ですが、数年前から高血圧や脂質異常の予防として、塩分や油分を控えめにしようと心掛けています。例えば・・・                                           ➀ 生野菜にマヨネーズやドレッシングで味を追加しない                       ➁ とんかつなど揚げ物にソースを掛けない                             ➂ お刺身に醤油を付けずにわさびやショウガだけを乗せて食べる                   ➃ カレーに入れる野菜や肉を油で炒めないで調理する  などです。                 できるだけ味を加えずに食べていると、子どもの頃に味わった、それぞれ食材が持つ本来の味がなくなったと感じるのです。                                        その感覚は特に野菜で気が付きます。きゅうり,トマト,にんじん,大根,ピーマンで顕著です。    きゅうりやトマトはもっと青臭かった。大根は全体として独特の風味がありました。味噌汁の具として味噌の味に負けておらず、しっかりと大根の味があったなぁと思い起します。大根の部位によって味の強さに違いがあると聞きますが、今は水っぽさが際立つだけで、味のない梨のように感じてしまいます。むかし味わった癖のある味が恋しくなる今日この頃です。                           「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されて久しいです。その重要な選定理由として食材の旨味を存分に活かしている点にあると思うのです。腕の良い料理人は、元来持っている食材の旨味をシンプルな味付けで引き出すと聞いたことがあります。それは一般的に主婦や主夫には無理なことですが、小さい頃から食材の味に慣れ親しむことで、少しでもその腕前に近づけるかも知れません。いろいろな食材の持つ味に興味が湧いて、バランスの良い食生活から生活習慣病の予防にも繋がれば良いですね。

加齢とともに私の味覚が変化したのではないとすれば、むかし経験した味がしなくなった食材が、なぜ出回るようになったのでしょうか?子育て世代の親たちにとって、こどもが抵抗を感じることのない、当り障りのない食材へと作為的に品種改良されているのかもしれない。本来持っていた食材の味が、子どもの好き嫌いの原因につながっているのでしょうか?癖のない味に品種改良された食材しか口にしたことがなく、本来の味を知らないから無理もないでしょうね。要するに『食わず嫌い』なんですね。
お口の健康(摂食嚥下)を維持して食材をよく噛むことは、全身の摂生へと導いてくれます。     (関連コラム;口の養生は全身の摂生に導く)                           今の子どもたちは「塩味」「甘味」「苦味」「酸味」「辛味」という『五味』(広辞苑第六版)に比べて、日本人独特の「旨味」を感じ取れない傾向があるようです。                      旨味成分、いわゆる『だし』には、㋐ 昆布だし(グルタミン酸)㋑ かつおだし(イノシン酸)㋒ 干しシイタケだし(グアニル酸)があります。特に㋒の干しシイタケにはビタミンDが豊富です。ビタミンDは骨を作るカルシウムの吸収を促してくれる。(*1)                               新型コロナウイルスの感染防止のため、学校が休校中のこどもや在宅勤務(テレワーク)で外に出る機会が少なくなったサラリーマンなど、日の光を浴びていない人達の栄養補給になります。          以前私のおじさんから干しシイタケの戻し汁を焼きそばに掛けることを教わりました。ちょっと塩こしょうを加えるだけですごく美味しい。それ以来我が家では定評のレシピです。おじいちゃんやおばあちゃんからむかしの味付けでこしらえてくれた料理を口にできるよい機会かも知れません!

食材が元々持っている味にできるだけ早いうちから経験するためには、手作りの離乳食を取り入れるのは如何でしょうか? 「三つ子の魂百まで」になぞらえて良い方向に生かすのです。『食わず嫌い』をなくすこともたいせつだと思います。食品メーカーが工夫を凝らしたベビーフードが、量販店の棚にずらっと並んでいますよね。添加物の影響など、人工的なイメージがまだまだ残るのは私だけではないと思います。   その抵抗感を払拭してもらうために、試食体験できる食品メーカーの施設がある。試食した感想の中で「味が濃い」というコメントに対しては、「だしや素材の風味を生かしているから。」と説明しているとのこと。(*2)

家族で囲む食卓に、だしを取り入れた離乳食も登るなんて大いに賛成するところです。   

ちなみに今は塩分相当量の代わりにナトリウム量を表示している食品があります。塩分の摂取量に注意して高血圧を防ぐためですね。≪ナトリウム量(g) ✖ 2.54≫で換算して塩分量を把握して下さい。(*3) 健康日本21(第二次)の食塩摂取量の目標値は8g/日ですよ。(*4)

 

                   【参考】
                    (*1)2020年4月8日 読売新聞 13面

                    (*2)2019年8月20日 読売新聞 くらし
                    
(*3)健検公式テキスト増補改訂版 見えない塩分に注意しましょう
                    (*4)
H29年国民健康・栄養調査結果

サイドメニュー

代表取締役のプロフィール

健康わくわくサイト管理者の岡本です。

資格・認定

★ 1986年 中学校教諭免許(理科)取得
  第18382号
★ 同年 高等学校教諭免許(理科)取得
  第19458号
★ 2015年 MDIC認定取得
  第MDIC020281号

★ 2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得
  No.E0100390
★ 2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
  第4502291800001号

★ 同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届
     出

★ 2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
★ 同年認知症サポーター養成講座受講
★ 2020年松本地域健康産業推進協議会参加
     企業認定取得

★ 2020年2月「健康マスター・エキスパート」及び
   「健康マスター普及認定講師」資格更新認定

★ 2021年1月【スポーツエールカンパニー
  2021】認定番号;2021371 取得

★ 2021年12月1日【令和3年度東京都スポ
     ーツ 推進企業】に認定
     一覧表番号;164

★ 2022年7月 《西東京市健康デジタル指導士》
 認定取得

★ 2022年12月1日【令和4年度東京都スポ
     ーツ 推進企業】に認定

★ 2023年12月1日【令和5年度東京都スポ
     ーツ 推進企業】に認定(3年連続で認定)

★ 2024年2月1日【健康マスター普及認定講師更
 新eラーニング】修了(2026年迄資格延長)

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

健康マスター普及認定講師更新eラーニング講座を修了しました。
健康マスター普及認定講師更新
新しいエンブレムを受領しました。
【健康わくわくサイト】
健康リテラシーに貢献します!
株式会社SOilyは
医療機器情報コミニュケ―タ
スタッフで運営されています
株式会社SOilyは
スマート・ライフ・ プロジェクト
に参画しています
株式会社SOilyはスポーツ庁   Sport in Projectに賛同します。
高度管理医療機器販売・貸与業に関わる
「医療機器販売・貸与営業所管理者継続的講習」を修了しました。
高度管理医療機器販売・貸与業の許可を更新しました。

株式会社SOilyはスポーツエールカンパニー2024プラスに認定されました。
認定番号;20240639

株式会社SOilyは令和3年度東京都スポーツ推進企業に認定されました。
株式会社SOilyは昨年に引き続き、令和4年度東京都スポーツ推進企業に認定されました。
株式会社SOilyは令和5年度東京都スポーツ推進企業に認定されました。
(3年連続)
株式会社SOilyは3年連続で
令和5年度の東京都スポーツ推進企業に認定されました。
株式会社SOilyの代表が
「西東京市デジタル指導士」に認定されました。
株式会社SOilyは西東京市健康応援団に加入しました!
西東京市フレイルサポーター研修を修了しました。
【健康わくわくサイト】運営者が、
青梅マラソン2023に参加しました!
≪健康おススメ情報≫ が投稿したダイジェスト記事はこちらから。

≪健康おススメ情報≫は松本ヘルス・ラボの《健康コラム》とリンクしています!

《つかプーフィッシング》
2024年5月営業スケジュール表


カラーの日が営業日です。
健康わくわくサイトは錦鯉の釣り堀施設
《つかプーフィッシング》を応援中!

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。 お気軽にご連絡ください。
     
※ 回答にお時間を頂く場合がありますのでご了承ください。