一日の始まりに生たまごを食べていた中高年におススメのコラム

一挙両得に誤嚥と低栄養を防ぐ

日本の国民食「卵かけご飯」

卵かけご飯は大好物でした。             だけど白身の食感が苦手だったのです。

今回は「栄養」と「口腔」に関係するコラムをお届けします。

よく食卓に登ることの多い「たまご」(鶏卵)。                          たまごは大まかに卵白(白身),卵黄(黄身),殻で構成されていて、重量の比率は約6割,3割,1割くらいでしょう。1個のたまご(白身と黄身の両方)に約6.8gのタンパク質が含まれています。ビタミンCと食物繊維以外の栄養素(脂質など)が含まれている完全栄養食品といわれています。(*1)     以前私は(一般的にも?)たまご、特に黄身にはコレステロールが多くて、あまり良い印象がありませんでした。確かにコレステロールの含有量は全卵100g中約420mgです。黄身に含まれ(100g中約1.4mg)、白身にはほとんど含まれていません。(*2)                                 コレステロールは生きて行く上でたいせつなもので、ホルモンやビタミンD(歯や骨の原料になるカルシウムの吸収を促す)の原料になっています。(*3) (関連コラム;日の光をいっぱい浴びましょう)    だからたまごの摂取を控えることは、元々の体質(アレルギー)に合わなかったり、治療に係わる特別な指導(禁忌事項)等がなければ、それほど敏感にならなくても良いですね。

『生たまご』を食べるのは日本の伝統的食文化です。すき焼きを食べる時にお肉や野菜などに絡ませたり、あたたかいうどんの上に落として月見うどんにして食べます。半生の玉子丼や親子丼もありますね。   そんな中、私にとって 卵かけご飯 は幼少時代に味わった代表的なファーストフード(?)です。    とは言っても、白身抜きのたまご掛けごはんしか食べられませんでした。              割った生たまごを観察してみると、白身は水っぽい(水様)部分と濃厚に繋がった塊りがあり、更に「カラザ」という白いひも状の組織に分かれています。正直なところ、この生の白身が苦手なのです。舌ざわりやのどごしに独特の不快感を覚えてしまうのです。わざわざ2つに割ったたまごの殻を両手に持って、全卵を左右に行き来させて白身を除けていました。特にカラザはしつこいくらいに黄身にまとわり付いていましたね。そもそも黄身の位置を安定させるのがカラザの役目なので、頑固にくっ付いていることを妙に納得してしまいますが・・・。この面倒な作業を繰り返していたのですから、やっぱり生の白身は嫌いなのです。

今はいろいろな離乳食(ベビーフード)がスーパーやドラッグストアなどで売られています。      離乳食は赤ちゃんの成長を助ける栄養補給や、食べ易さなどに配慮されています。歯が生え揃っていないことやあごや飲み込む力など、摂食嚥下に係わる機能についても留意されていると思います。       私が生まれ育った昭和時代は、卵かけご飯は離乳食の定番だったように記憶しています。卵かけご飯の良さは炭水化物,タンパク質,脂質の三大栄養素が同時に摂れるだけではありません。赤ちゃんにとって程よい柔らかさですし、口に入れる量をスプーンで手軽に調節できる。生たまごがつなぎとなって、ごはんにちょうど良いまとまりを作ることができます。これらの理由で卵かけご飯がポピュラーになったのかも知れません。

以前義姉から「人間は年を取ると赤ちゃんに戻る」と聞いたことがあります。             ではご高齢の方と卵かけご飯の相性はどうでしょうか?                       介護の現場では箸を使って食事することが難しい場合に、スプーンで召し上がる場面をよく見掛けます。 スプーンは介護する側にもたいへん重宝します。ですが、ごはんは装ってからしばらくすると、パサパサしたり何粒か食器や口もとにくっ付いたりして、口の中に入れ難くなってしまいます。その点では卵かけご飯は口に運び易いです。運動不足や孤食によって、食が細くなってきた高齢者は低栄養に陥る可能性が高まります。国民食と言ってよいほど馴染み深い卵かけご飯。ごはん粒の吸気食い(息を吸う勢いに乗せて食べ物を吸い込むこと)には注意が必要ですが、たまには卵かけご飯も召し上がってはいかがでしょうか?

ベビーフードとメディケアフードは類似点が多いように思います。                  卵かけご飯は、低栄養と誤嚥性肺炎が気になる、ご家庭での介護食としてもおススメのメニューだと思うのです。(*4)

 

 参考;(*1) 新しいタンパク質の教科書(池田書店) 女子栄養大学 上西一弘 監修                     (*2)「鶏卵の知識とおいしさ」東京家政大学栄養学科 峯木眞知子 日本家政学会誌 Vol.68 No.6 297-302(2017)    (*3)健検公式テキスト増補改訂版 肥満は万病のもと                               (*4)肺炎がいやならご飯に卵をかけなさい 西山耕一郎 著 (飛鳥新社)               

代表取締役のプロフィール

岡本代表

資格・認定

☆1986年 中学校教諭免許(理科)取得
              第18382号
☆同年 高等学校教諭免許(理科)取得
              第19458号
☆2015年 MDIC認定取得
          第MDIC020281号
☆2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得

                                      No.E0100390
☆2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
                第4502291800001号
☆同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
☆2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
☆同年認知症サポーター養成講座受講
☆2020年松本地域健康産業推進協議会参加企業に認定
☆2020年2月「健康マスター・エキスパート」及び「健康マスター普及認定講師」資格更新認定

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

【健康わくわくサイト】
健康リテラシーに貢献します!
株式会社SOilyは           医療機器情報コミニュケ―タを取得したスタッフで運営されています
株式会社SOilyは                       スマート・ライフ・ プロジェクト                          に参画しています
株式会社SOilyはスポーツ庁の   Sport in Projectに賛同しています
≪健康おススメ情報≫ が投稿した   ダイジェスト記事はこちらから
新しい生活習慣に対応できる、  情報共有アプリを提案しています。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。            お気軽にご連絡ください。
     
※回答にお時間を頂く場合があります