人生100年時代の生活習慣を考える

健康わくわくサイト

自律神経のバランスを手軽に調整したい、睡眠不足の方におススメのコラム

呼吸法が私を救ってくれました!

運動のすすめ その5

今年もG.W.中に小金井公園で開催された「ウォーキングフェスタ東京」

私の場合は寝付きを良くすることが課題です。どのようなリラックス方法があるだろうと色々調べてみました。自律神経のバランスを評価することが、さまざまな分野に応用されていることを知っていたので、比較的楽に見付けることができました。それは「呼吸法」です!

呼吸は息を吸って吐くことです。息を吸う(吸気)と交感神経が、吐く(呼気)と副交感神経が刺激されます。深くゆっくりとした呼吸、特に息を長く吐くと、より効果的にリラックスできるのです。むかしから緊張している時に深呼吸しましょうと勧められます。確かに口ケンカしている時とかスポーツの試合や学力試験の前って、結構浅い呼吸しているなぁと気が付いたりもします。そこで意識的に吸気と呼気の割合を1:2くらいで呼吸すること(順天堂大学 小林弘幸教授著「これ」だけ意識すればきれいになる。より)を日課としました。「あまり細かなことは気にしないで、とにかくゆっくり長く息を吐いてみよう。」

するとどうでしょう!落ちるように、深いねむりに就くことができました。しかも目覚めも良いのです。お陰様で血管年齢も若い状態を維持できました。なんか自分が実験台になって、呼吸法の有効性を証明したような感じでした。

みなさんもヨガや瞑想、座禅などにリラックス効果があることをご存知だと思います。これらのリラックス法に共通する行為は呼吸法です。言い換えれば呼吸法はリラックス法の基本なのかも知れませんね。

私にとって心身ともによいこと、①ジョギング ②呼吸法を楽しみながらおこなうことが、継続するための秘訣です。今年のゴールデン・ウィークで、ジョギング歴10年を迎えました。次の10年に向けて走り続けます。

代表のプロフィール

岡本代表

資格・認定

☆1986年 中学校教諭免許(理科)取得
              第18382号
☆同年 高等学校教諭免許(理科)取得
              第19458号
☆2015年 MDIC認定取得
          第MDIC020281号
☆2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得

                                      No.E0100390
☆2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
                第4502291800001号
☆同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
☆2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
☆同年認知症サポーター養成講座受講

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。          お気軽にご連絡ください。
     
※回答にお時間を頂く場合があります