人生100年時代の生活習慣を考える

健康わくわくサイト

よくあるご質問

みなさんこんにちは。「よくあるご質問」のページでは ≪健康博物館SOily≫ で紹介しているさまざまな展示物についてのご質問にお答えします。どうぞ参考にしてください。

【ごっくんチェッカー】について教えて下さい

ごっくんチェッカーって何ですか?

喉から飲み込んだ飲食物が食道に送れたか?チェックする測定器です

ごっくんチェッカー

高齢化社会で問題になってる摂食嚥下障害。普通は嚥下反射によって気管に蓋がされて、食道から胃に食べ物が送られます。何らかの理由で、食べ物が気道に入り込みそうになると、「ゴホン」「ゴホン」と咳払いをして誤嚥を防ぎます。しかし高齢になると嚥下反射が鈍くなり、更にむせない誤嚥(不顕性誤嚥)になる場合もあります。誤嚥性肺炎になると命にかかわる病気になってしまいます。「ごっくんチェッカー」は摂食の際の嚥下機能を評価できる測定器です。   

「ごっくんチェッカー」は飲食物を正しく飲み込めたかを判断するために、      厚生労働省で採用された介護用ロボットです。

どのような原理で測定できるのでしょうか?

嚥下機能に関わる「音」を拾い集めて波形に変換します

この製品の開発メーカー独自のセンサーによって、気道に掛かる圧力と音を同時に捉えます。音として聴き取り難い誤嚥や小さな残留の状態を波形で確認することができます。

それを実現できるのが、解析ソフトウエアMY SWALLOWです。

表示された波形例を示します。他の解析例は【各種波形資料】からダウンロードしてご確認下さい。

飲み込みが弱い嚥下の波形
(全体的に波形が小さめ)

正常な呼気の波形
(なだらかな波形)

特別な機能はありますか?

自動RSSTモードがあります

嚥下機能を測定する方法に「反復唾液嚥下テストRepetitive Saliva Swallowing Test)」があります。この評価法は一定時間(30秒間)に何回唾液を飲み込めるか?を測る試験です。解析ソフトウエアMY SWALLOWを用いると、スタートから30秒後に自動で測定がストップして、嚥下回数,嚥下のタイミングが表示されます。

測定器の装着は簡単ですか?

センサーを首に巻くだけです

で被験者は下図のようにセンサーを首に巻いて頂くだけです。スピーカーから嚥下音を聴くことができます。

ポイント】                                      ① 専用アクセサリーを使うことで、インターフェースとスマートホンやタブレットを接続して   飲み込みの状態を確認~記録することが可能です。                   ➁ 嚥下リハビリテーションにおける回復の進み具合や、一連の嚥下メカニズムのどの段階で    支障を来しているかを評価することができます。

どこで購入できますか?

インターネットショップ ≪いま何度≫からどうぞ

Webショップの老舗

ご注文は有限会社アキオ企画が運営する 、インターネットショップ ≪いま何度≫ が承ります。

2001年1月開店以来、約20年の営業実績があるWebショップです。

営業コンセプトは「便利さ・新しさ・品質」です。

この製品のデモ試用など問い合わせ先は?

株式会社SOilyが承ります

「健康わくわくサイト」を運営している『株式会社SOily』が承ります。

介護施設での導入に関するお問い合わせの他、商品についての色々なご相談に対応させて頂きます。

代表のプロフィール

岡本代表

資格・認定

☆1986年 中学校教諭免許(理科)取得
              第18382号
☆同年 高等学校教諭免許(理科)取得
              第19458号
☆2015年 MDIC認定取得
          第MDIC020281号
☆2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得

                                      No.E0100390
☆2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
                第4502291800001号
☆同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
☆2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
☆同年認知症サポーター養成講座受講

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。          お気軽にご連絡ください。
     
※回答にお時間を頂く場合があります