肥満傾向のお孫さんを持つ中高年におススメのコラム

からだと食料の質

食が満たされれば健康でしょうか?

筋肉量が少なければ足腰が弱くなるし、運動もおっくうになってしまいます。

          新しい筋肉量の指標;FFMI値を参考に目標筋肉量を維持しましょう。           男性:16以上,女性:14以上

(参考;健康長寿新ガイドライン)

【肥満】は生活習慣病の源です。                                 からだに良い運動しましょう!といわれても、実際に動くためには筋肉が必要です。そこで自分の筋肉量を知ることで、タンパク質を摂取して運動につなげるのです。

BMI値(Body Mass Index)という体格指数があります。体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出されます。目標は20を下回らないことです。                              最近はFFMI値(Fat Free Mass Index)で筋肉量を知る新しい目安が注目されています。           FFMIは、除脂肪量指数といって筋肉量の目安です。除脂肪体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出されます。除脂肪体重は全体重から体脂肪量を引いた重さです。「体脂肪率は何パーセント」という会話を聞く時があると思います。それは全体重に対する体脂肪の割合なので、筋肉量を知るには、全体重から体脂肪の量を引かなければなりませんよね。そこで考えられた指標なのです。   (参考;健康長寿新ガイドライン)

健康格差について「健康格差という社会的問題」のコラムでもお話ししました。ここで改めてお知らせしたいのは、所得と肥満の関係です。厚生労働省の平成26年国民健康・栄養調査によると、男女20歳以上を対象にした場合        

  • 世帯所得¥200万未満の肥満率;男 38.8%  女 26.9%
  •   〃 ¥600万以上の肥満率;男 25.6%  女 22.3%    なのです。
  • からだに良いとされている野菜の摂取量は、所得が高いと多くなる傾向でもあります。実際平成30年9月に発表された、健康日本21(第二次)中間報告でも、20歳代の男性に肥満の増加傾向である。野菜や果物の摂取量に変化がみられないと報告されています。

この現象はなぜ起きるのでしょうか?そのひとつはコレステロールを高くする飽和脂肪酸や砂糖,塩,合成添加物などが多く含まれる加工品の大量摂取です。ポテトチップスや清涼飲料はその代表です。
この加工品は比較的安価なので入手し易い。この悪循環は都市部の貧困世帯から農村部に広がっているという。肥満人口は飢餓人口を上回ると推計されているのです!

最近食品メーカー,飲食店,コンビニエンスストアなどが出所の食品ロス。こどもの朝食の欠食を補うためにも、先月成立した「商品ロス削減推進法」が食の質向上に寄与して欲しいと祈念しています。

                            【参考】;2019年5月24日 信濃毎日新聞 指標

代表取締役のプロフィール

健康わくわくサイト管理者の岡本です

資格・認定

★ 1986年 中学校教諭免許(理科)取得
  第18382号
★ 同年 高等学校教諭免許(理科)取得
  第19458号
★ 2015年 MDIC認定取得
  第MDIC020281号

★ 2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得
  No.E0100390
★ 2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
  第4502291800001号

★ 同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
★ 2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
★ 同年認知症サポーター養成講座受講
★ 2020年松本地域健康産業推進協議会参加企業
 認定取得

★ 2020年2月「健康マスター・エキスパート」及び
   「健康マスター普及認定講師」資格更新認定

★ 2021年1月【スポーツエールカンパニー
  2021】認定番号;2021371 取得

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

【健康わくわくサイト】
健康リテラシーに貢献します!
株式会社SOilyは
医療機器情報コミニュケ―タ
スタッフで運営されています
株式会社SOilyは
スマート・ライフ・ プロジェクト
に参画しています
株式会社SOilyはスポーツ庁   Sport in Projectに賛同します。

株式会社SOilyはスポーツエールカンパニー2021に認定されました。

≪健康おススメ情報≫ が投稿したダイジェスト記事はこちらから。
新しい生活習慣に対応できる、情報共有アプリをご提案します。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。 お気軽にご連絡ください。
     
※ 回答にお時間を頂く場合がありますのでご了承ください。