思わぬところに健康被害が及んでしまう高齢者を想うコラム

「齢人」は「よわいびと」と読む

生活・健康弱者の高齢者

先日開かれた東京都の会見で、小池都知事は今年の夏を「特別な夏」と連呼していました。                       コロナ禍によってお盆時期の人の移動を控えることを呼び掛けていました。                                                  新型コロナ感染拡大への危惧,梅雨の長雨や日照不足,経験したことのないような連続した集中豪雨,梅雨明け後、体温を超えるような気温の上昇・・・、確かに特別な夏です。

高齢になると喪失するものが増えてしまいます。肉体的・精神的・社会的フレイルに付け込んだ心配ごとが多すぎます。戸外活動が減る一方で健康二次被害も懸念されます。それをまともに受けるのは健康弱者の高齢者(「齢人」=「よわいびと」)です。泣きっ面に蜂、弱り目に祟り目です。            外出する機会がなくなって「歩く」動作も減る。すると歩行で踏み出す際に足のつま先に掛かる力、地面が足指を押し返す圧力(抵抗力)を受けることもなくなって、爪が平らに伸びず「巻き爪」になってしまうケースが多いという。(*1)「巻き爪」や「陥入爪」は外反母趾になる原因と同じ、つま先の細いハイヒールにあり、若い女性に多い状態と思っていたので意外でした。                     又、中年層の方々で最近からだが重いと感じたことはありませんか?運動不足になって消費カロリーが減った割りには食生活は変わらない。逆にストレスによる過食に走る人もいるでしょう。体重増加が原因で、からだが重いと感じるのは理解できます。けど体重がそれほど変わらないのにからだを動かすことが辛くなるのは、筋肉量が減るために起こる場合もあります。日本代表を目指すアスリートたちは、その変化が顕著に表れるとテレビで見たことがあります。運動強度を調整しながらでもからだを動かすことを継続していかないと筋肉が劣ってしまう。

運動能力の維持はその人の状況に合わせて、悪化させないように予防することが第一だと思います。   ご高齢の方々もいろいろな方法で実行できる(実現可能性・フィージビリティ)対処法を見付けて、しかも継続できること。やっぱり日常生活の家事に見出すのが宜しいのではないでしょうか!?       (関連コラム;お掃除を柔軟体操や筋トレに代えちゃいましょう)                  お掃除だけではなくお洗濯も良いと思います。「身の周りの物を手際よくかたずけることができなくて、お掃除が苦手。だけど洗濯ならなんとか・・・。」と思う方もいらっしゃるでしょう。          今は全自動洗濯機が主流で、乾燥までやってくれる。だけど意図的に二層式の洗濯機を愛用している方もいらっしゃるそうです。(*2)                                  1,洗濯物に含まれた洗濯水を落とす時                             2,洗濯槽に戻して水道水で洗う「すすぎ」の時                         3,洗濯物を干す前に水気をしっかり落とすための脱水                       脱水槽があることで洗濯物の出し入れの回数も増えますよね。はっきりいって手間が掛かります。    だけどそれだけ腕や腰の曲げ伸ばしや、立ったり座ったりの屈伸運動の頻度も増すわけ。        洗濯という作業の工程を故意に増やすのも運動不足の解消になると思うのです。ちなみに私も独身時代は二層式を使っていました。その頃は大らかな時代で、同じアパートに住んでいたおばあさんが、「すすぎ」が終わって水道が出っ放しになっていると一声掛けてくれたことをよく覚えています。          干し方を替えて運動強度を高くするのも良いでしょう。洗濯かごを故意に床に置いて、1枚1枚洗濯物を取り上げる。幾つものピンチ(洗濯ばさみ)が付いたハンガーがありますが、このハンガーには下着類,ソックスとハンドタオルを干して、もうひとつにはズボンとか長めのタオルを吊るす。しかもハンガーを水平になるようにバランスを考えて干すのです。ハンガー同士を離して、その間にTシャツやポロシャツを洋服ハンガーに掛ける。少しでも動き回らなければならない状況を作るわけです。実はこの干し方、実際に私がやっている作法なのです。結構頭を使いますよ。面倒がらずにお試しあれ!(笑)

健康維持という観点からすると、単純に筋肉量を増やすことを目指すのではありません。歩く速度が速いのは筋肉量が多いためでもありますが、筋トレは筋肉を動かす神経にも作用して、動きをスムーズにする効果があることにも留意すべきです。(*3)                              今回は日常生活の中で運動不足を解消するために「お洗濯」を提案しました。             きっと他にも対処法が転がっているはずですよ。

 

                                                                                    【参考】                                                                                                                                          (*1)2020年8月5日 読売新聞 社会保障面「安心の設計」
                                
(*2) 2020年8月8日  同紙  くらし面                                                                                                                        (*3)健検公式テキスト増補改訂版 身体活動・運動と健康                                                                                                                                                          

サイドメニュー

代表取締役のプロフィール

健康わくわくサイト管理者の岡本です。

資格・認定

★ 1986年 中学校教諭免許(理科)取得
  第18382号
★ 同年 高等学校教諭免許(理科)取得
  第19458号
★ 2015年 MDIC認定取得
  第MDIC020281号

★ 2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得
  No.E0100390
★ 2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
  第4502291800001号

★ 同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届
     出

★ 2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
★ 同年認知症サポーター養成講座受講
★ 2020年松本地域健康産業推進協議会参加
     企業認定取得

★ 2020年2月「健康マスター・エキスパート」及び
   「健康マスター普及認定講師」資格更新認定

★ 2021年1月【スポーツエールカンパニー
  2021】認定番号;2021371 取得

★ 2021年12月1日【令和3年度東京都スポ
     ーツ 推進企業】に認定
     一覧表番号;164

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

【健康わくわくサイト】
健康リテラシーに貢献します!
株式会社SOilyは
医療機器情報コミニュケ―タ
スタッフで運営されています
株式会社SOilyは
スマート・ライフ・ プロジェクト
に参画しています
株式会社SOilyはスポーツ庁   Sport in Projectに賛同します。

株式会社SOilyはスポーツエールカンパニー2021に認定されました。

株式会社SOilyは令和3年度東京都スポーツ推進企業に認定されました。
株式会社SOilyは令和3年度東京都スポーツ推進企業に認定されました。
株式会社SOilyの代表が
「西東京市デジタル指導士」に認定されました。
株式会社SOilyは西東京市健康応援団に加入しました!
≪健康おススメ情報≫ が投稿したダイジェスト記事はこちらから。
新しい生活習慣に対応できる、情報共有アプリをご提案します。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。 お気軽にご連絡ください。
     
※ 回答にお時間を頂く場合がありますのでご了承ください。