日常生活では鼻で呼吸することが健康的だと気付いたコラム

口呼吸していませんか?

口を閉じない生活様式

新型コロナ下でのジョギングの出で立ち。
苦しくてこのスタイル止めました。

夜中にトイレに行く時や朝目覚めた時に、口の中がすっかり乾いていることに気が付くようになりました。カラカラなんですよね。
自然と自分は口呼吸しているのでは?と疑ってみた。口呼吸で直ぐに連想したのが「いびき」です。連れ合いに睡眠中の様子を尋ねてみても、大していびきを掻いていない言うです。いびきは睡眠時無呼吸症候群(SAS)を疑う症状です。以前SASなのかな?と思って睡眠中の血中酸素飽和度(SpO2)を測定してみたところ、取り敢えず異常値ではなかったのは良かったのですが・・・。(湧き出る眠気

口の中を潤す唾液がないから口が渇きます。唾液には主に4つの効果があることをお話ししました。(生まれながらの自助能力
これらの唾液の恩恵は、回り回って糖尿病などの全身疾患の予防にも表れるのです。

今私たちは新型コロナの感染予防でマスク生活を強いられています。
友達との待ち合わせの時間に遅れそうな時や、青信号が点滅し始めると横断歩道を小走りに渡ったりします。その時って、普段の運動不足もあって息苦しさを感じませんか?きっとマスクの下では少しの運動でも鼻呼吸ではこと足らず、口呼吸しているのではないでしょうか?
話しは少し逸れますが、「食欲の誘因」で登場したタップさんは、マスクをすると呼吸が苦しいそうです。シートベルトを締めてあげる時、呼吸するたびにのどが「ヒューヒュー」鳴っているのが分かります。しっかり着けて上げても、時間が経つとあごまでずり落ちているのです。介護の現場ではマスクの着用を徹底させるのは難しいです。

現在公共の場において、人の顔の目から下はマスクで隠れています。
感染防止策としては良いけれど、ブラインドになってだらしない口もとになっているかも知れません。みなさんもついつい口を半開きにしている時が、結構多いのに気付くはずです

「呼吸」するのは本来鼻から。鼻は呼吸器官で口は消化器官と、耳鼻咽喉科医の内では区別されているようです。(*)
睡眠中でなくても口呼吸によって口腔内がカラカラに渇いている、新しい生活様式の功罪なのかも知れません。

 

                   (*)田井真愛 著 頭痛、肩こり、睡眠障害を改善する 6スポット療法

新型コロナ事態収束祈念ページを増設しました!
詳細はこちらへ

代表取締役のプロフィール

健康わくわくサイト管理者の岡本です

資格・認定

★ 1986年 中学校教諭免許(理科)取得
  第18382号
★ 同年 高等学校教諭免許(理科)取得
  第19458号
★ 2015年 MDIC認定取得
  第MDIC020281号

★ 2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得
  No.E0100390
★ 2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
  第4502291800001号

★ 同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
★ 2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
★ 同年認知症サポーター養成講座受講
★ 2020年松本地域健康産業推進協議会参加企業
 認定取得

★ 2020年2月「健康マスター・エキスパート」及び
   「健康マスター普及認定講師」資格更新認定

★ 2021年1月【スポーツエールカンパニー
  2021】認定番号;2021371 取得

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

【健康わくわくサイト】
健康リテラシーに貢献します!
株式会社SOilyは
医療機器情報コミニュケ―タ
スタッフで運営されています
株式会社SOilyは
スマート・ライフ・ プロジェクト
に参画しています
株式会社SOilyはスポーツ庁   Sport in Projectに賛同します。

株式会社SOilyはスポーツエールカンパニー2021に認定されました。

≪健康おススメ情報≫ が投稿したダイジェスト記事はこちらから。
新しい生活習慣に対応できる、情報共有アプリをご提案します。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。 お気軽にご連絡ください。
     
※ 回答にお時間を頂く場合がありますのでご了承ください。