検査結果もデジタル式になったと思っている、中高年におススメのコラム

摂食機能の意外な検査方法

実技で評価する

何回発音できるか?

何色に変られるか?

どこまで細かく噛み砕けるか?

現在健康日本21の第4次国民健康づくり対策が進められています。この内容は第3次の評価を踏まえて策定されているのですが、意外にも「日常生活において歩数の増加が悪化している。」という評価があります。マスコミなどで歩くことに興味を持ってもらうための情報が飛び交っています。実際に日頃歩く人が増えたように感じていたのですが、実際はそうでもないようです。                     健康維持増進のために、多くの人達に日頃歩いてもらうだけでも難しい。

どの過程が原因で嚥下障害が起こっているか?そのプロセスによっていろいろな検査方法があります。

口の中が唾液の分泌量が少なく乾燥していると、飲み込み易い塊り(食隗)を作ることができない。   そこでどのくらいの量が分泌されるか?実際にガーゼを2分間噛んでもらって、その重さを測る検査があります。

また「パ」「タ」「カ」の発音回数が、どれか1つでも1秒間に6回未満だった場合、舌口唇運動機能低下が疑われます。これも医療現場での検査のひとつです。

更に摂食嚥下の準備期に当たる咀嚼機能の評価方法を初めて教えてもらいました。           それは検査を受ける人に実際に物を噛み砕いてもらい、その砕け具合(スコア)を診るという検査です。 噛んでもらうものはちゃんと検査用のグミがあって、大きさや硬さが統一されています。        30回モグモグしてもらって10段階で評価するテストです。

その他、自分の咀嚼機能を確認するためのキシリトールガムがありますね。噛むと色が変わることでチェックできるという商品です。

少し話しは逸れますが、虫(ダニなど)に自分の手や足を喰わせて、その傷口や腫れ具合などの様子を図鑑にしているお医者さんがいる。その図鑑が皮膚科外来の教科書的役割も果たしていると、先日テレビで紹介されていました。自分の身を削る実践力には敬服します。

このように実際に人に何かをしてもらうことは、非常に難しいけど尊いことなのです。

参考;日本歯科医学会 口腔機能低下症に関する基本的な考え方

代表取締役のプロフィール

岡本代表

資格・認定

☆1986年 中学校教諭免許(理科)取得
              第18382号
☆同年 高等学校教諭免許(理科)取得
              第19458号
☆2015年 MDIC認定取得
          第MDIC020281号
☆2017年 健康マスター(エキスパート)認定取得

                                      No.E0100390
☆2018年 高度管理医療機器等販売業賃貸業
                第4502291800001号
☆同年 動物用管理医療機器販売・貸与業届出
☆2019年 Tokyoヘルスケアサポーター養成講座修了
☆同年認知症サポーター養成講座受講
☆2020年松本地域健康産業推進協議会参加企業に認定
☆2020年2月「健康マスター・エキスパート」及び「健康マスター普及認定講師」資格更新認定

 

経歴

大学卒業後、臨床検査会社,医療及び健康機器輸入販売会社と、一貫してヘルスケア業界に携わって参りました。

【健康わくわくサイト】
健康リテラシーに貢献します!
株式会社SOilyは           医療機器情報コミニュケ―タを取得したスタッフで運営されています
株式会社SOilyは                       スマート・ライフ・ プロジェクト                          に参画しています
株式会社SOilyはスポーツ庁の   Sport in Projectに賛同しています
≪健康おススメ情報≫ が投稿した   ダイジェスト記事はこちらから
新しい生活習慣に対応できる、  情報共有アプリを提案しています。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4541-3747

メールでのお問合せは24時間受け付けております。            お気軽にご連絡ください。
     
※回答にお時間を頂く場合があります